皆さまこんにちは。神戸市東灘区で「多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術」に力を入れている松原眼科クリニック看護師Iです。

今回は糖尿病と目の病気についてです。

糖尿病とは、血糖の高い状態が続くことによりで血管がもろくなり、適正な栄養が途絶え全ての臓器に障害が起こってくる病態をいいます。

最も多い合併症は「網膜症」「神経障害」「腎症」で3大合併症といいます。
網膜症は、目の一番奥の眼底にある網膜の毛細血管を詰まらせたり血管壁に負担をかけ視力低下の引き金となります。自覚症状のないまま徐々に進行するため注意が必要です。
その他、糖尿病で起こる主な目の合併症には白内障や角膜障害などがあります。

これらを予防するためには、血糖と血圧のコントロールが大切で病気の進行を遅らせたり、安定させることができます。
内科での血糖と血圧のコントロールとともに、糖尿病と診断されたら症状がなくても眼科を受診し、早期発見と早期治療に結びつけるようにしましょう。