皆さまこんにちは。
神戸市東灘区で「多焦点眼内レンズを使った日帰り白内障手術」に力を入れている松原眼科クリニックの院長です。
前回のブログは当院の白内障の術前検査についてでした。

今回は手術前の検査内容についてもう少し掘り下げたいと思います。

手術検査日に来ていただいて行う検査は、まず目の検査と全身検査に別れます。
目の検査には、視力、眼圧、眼底検査など一般的なものの他に目の手術に必要な検査があります。

また、全身検査は採血があります。
全身状態の把握には事前にお渡しする問診票も非常に参考になりますので、忘れずに記入してお持ちください。

さて手術用の眼科検査です
何をされるのだろうかと少し不安になりますね。
大丈夫です。

痛いことはいたしません!!

白内障手術のときに目の中に眼内レンズをいれます。
このレンズはいろいろな種類があります
多焦点眼内レンズや単焦点眼内レンズなどの性能の差がありますし
眼鏡のように眼内レンズには度数があり、皆さんそれぞれにレンズの度数が違います。
このレンズの度数を決めることが必要になります。
どのような検査になるのかは、次回のブログでスタッフに書いてもらいますね。

コロナウイルスも終演を迎えないまま冬に突入します
暖かくしてお風などをひかれないよう、対象管理には万全を期してください。

37.5度以上の発熱や、風邪症状がある場合には受診前に、電話でご相談いただけると嬉しいです。
ご協力保喉よろしくお願いいたします。