多焦点眼内レンズ白内障手術、日帰り白内障手術、一般眼科治療からコンタクトレンズ処方まで対応いたします。

3焦点眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)PanOptix

多焦点眼内レンズ(3焦点眼内レンズ)PanOptix

最新の3焦点眼内レンズ(パンオプティクス)は従来の多焦点レンズとは異なり、遠方と中間、そして近くでもピントが合うレンズです。

従来の多焦点眼内レンズは遠方と中間、あるいは遠方と近くなどの2焦点タイプでした。

遠方・中間・近方にピントが合うことで、単焦点や2焦点眼内レンズに比べ、実生活における眼鏡への依存度が低減するといわれています。

  • より実生活での作業に適した遠方・中間・近方の見え方
    • 読書やスマートフォーン使用などに適した「近方(40センチ)」、
    • パソコンや料理などに適した「中間(60センチ)」
    • テレビ視聴や運転、ゴルフなどのスポーツに適した「遠方(1m以遠)」にピントが合うように設計

遠方のテレビ、中間距離のパソコン、そして手元のスマホにもピントが合っています。

以下、アルコン社提供資料より

  • 明るさの変化の影響を受けにくく、安定した見え方を実現
    • 従来の多焦点レンズに比べて、明暗の変化による瞳孔収縮の影響を受けにくい設計
  • 高い光利用率(88%)により、遠方・中間・近方のすべての距離において鮮明な視覚を提供
    • 眼内レンズを通して眼内に入る光エネルギーをより多く網膜に到達させることができるため、鮮明で質の高い見え方を提供
  • 手術後約94.8% の患者様が眼鏡不要に
    • 術後9カ月~12カ月の患者58名を対象にした海外での調査結果1では、94.8%の患者様が術後に眼鏡が不要になったと回答しており、高い満足度を獲得

 

手術費用について
(多焦点眼内レンズを用いた白内障手術)

先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる、有効かつ安全で高度な新しい医療技術のことです。先進医療は、国民の安全を守り、患者負担の軽減を図りつつ、医療の選択肢を拡げるために、保険診療との併用を認めるものです。

『先進医療にかかる費用』は全額自己負担となります。しかし、『先進医療にかかる費用』以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・薬等)の費用は、保険診療で行えます。

当院では、2011年4月より「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」が、先進医療として厚生労働省より承認されました。民間の医療保険で先進医療特約を付帯していれば手術料が支払われる場合があります。加入されている保険会社にお問い合わせ下さい。

3焦点眼内レンズ 片眼60万

3焦点眼内レンズ 乱視対応 片眼66万円

先進医療特約をお持ちの方で多焦点眼内レンズをお考えの方は、早期にご相談ください

神戸市東灘区 JR住吉駅直結 徒歩1分 TEL 078-857-1146 〒658-0053 神戸市東灘区住吉宮町4-4-1
KiLaLa(キララ)住吉2F-216

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 松原眼科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.